花の都公園

最終日は宿泊先近くの山中湖周辺を散策します。最初は花の都公園に行きます。

 

 

山中湖周辺には見たいところがいくつもあったので、ゲストハウスで自転車を借りて、サイクリング観光することにしました。

 

 

ゲストハウスから花の都公園までは自転車で10分~15分です。富士山山中湖のバス停留所から河口湖方面に行きます。

 

 

走って少しすると水車が目印で、ほうとうが名物の『甲州 ほうとう水神』が見えてきます。

 

 

 

 

 

ここを右折して住宅街に入ります。

住宅街を抜けると景色が開けてきます。

公園に来ると、入り口には花の都大橋が架かっているし、看板もあるのですぐに分かります。

大橋の先には清流の里という、施設やガーデンが色々あるスペースが広がっていて有料です。

季節によって300円だったり無料だったりするみたいですが、この日は500円でした。

大橋の両端は一面花畑で、左手にはひまわりが所狭しと肩を並べていました。

ひまわり畑は迷路になっており、入り口と出口があります。

ここを通らなくても出入りできますが、迷路を完走したかったので出口を目指して歩きました。

ただ、正しい出口には辿り着けませんでした。。。

台風の影響で倒れたのか、花と花の間が微妙に広いのです。 

 

 

 

大橋の右手にはコスモス畑が広がっていました。

綺麗で癒やされました。

 

清流の里内にはいくつか食事処があり、前日の登山であまり眠れなかったので、清流庵という食堂で休憩がてら朝食にしました。

確か蕎麦を注文しましたが、眠すぎて写真を撮るのを忘れました。。。

 

 

中のメインスポットの一つに三連大水車があります。

この辺は水車が有名なのか、来る途中の『甲州 ほうとう水神』にもありました。

 

 

園内は川のせせらぎや木々のささやきで涼しさを感じます。

登山で疲れた体と心が癒やされました。

 

ここは滝が有名で、岩清水の滝には入って涼んでもいいみたいです。

明神の滝は時間になると大きな流れが起こるらしいです。

 

富士山の噴火で形成された溶岩樹型群も観察できます。

 

 

レイクガーデンには彩り良くサンバチェンスが咲いていました。

季節によってチューリップやネモフィラも観察できるみたいです。

近くのビニールハウスには樹木が列植されていて、街路樹みたくなっていました。

 

 

トイレに行って帰ろうと思い、四季の花を栽培してるフローラルドームふららに寄りました。

ゆっくり出来るスペースもあるみたいです。喫煙スペースは屋外です。

 

帰りはタイミング悪く雨が降ってきました。

チェックアウト後に戻るのも微妙だったので、ゲストハウス近くの喜久屋食堂で雨宿りすることにしました。

鏡張りで広い店内は客が少なくて落ち着いて過ごせます。

喫煙も出来るので、撮影した写真の整理をしながらゆっくり雨の通過を待ちました。

ゲストハウスでもお勧めされたこちらのお店はカツ丼が美味しいらしく、勧められたまま注文しました。

1000円です。

味噌汁とお新香付きで、ボリュームがあります。

ラーメンの評判はイマイチみたいですが、カツ丼は美味しかったです。

 

雨が長引いたので3時間半位お邪魔してました。

15時00分くらいに東京へ出発するつもりでしたが、雨が激しく、湖を1周する予定が押しました。

電車じゃなくて、別ルートで早く帰れる方法はないかと調べていると、富士山山中湖のバス停から高速バスが出ていることが分かりました。

2000円で安いし、2時間ちょっとで新宿まで行けるからコスパが高いです。

電車だと3時間はかかるし、3500円位かかります。何よりバスで御殿場駅まで行き、乗り継ぎ乗り継ぎで手間が多いです。

ハイウェイバスドットコムで空席照会をしたところ全部満席でしたが、何度か見てると空席になる便もあったのでキャンセルも反映されるみたいです。

乗りたかった17時30分の便も予約出来たので、山中湖1周の時間ができたぜーと喜んでいました。

ただ、1周するには思ったより時間がかかります。。。

続く・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク