富士山下山と寄宿

壮大な富士の谷にしばらくボーッとしていました。お鉢参りと言って、山頂の周りはぐるっと回っていいそうです。

周辺一帯を覆い尽くす雲海の眺めに何度もシャッターを切りましたが、途中で充電が切れるという悲しい事態がありました。

簡易充電器を持っていると不測の事態に対応できるので1つ持ってるといいですね。

火口近くに来ると中がギリギリ見えます。

中はくぼんだ砂地で、変わった特徴はないです。

地味に撮ってると「撮りましょうか?」って来るので、調子に乗った写真でいきます。

氷の張った場所辺りで帰りのバス時刻を再確認すると、お盆期間の最終は19時45分。それ以外が18時45分。

hiking_20170523 (御殿場駅発着登山バス時刻表)

今日は17日。この日をお盆だと勘違いしており、最終は18時45分だということが発覚。

もう16時50分なのでマッハで下山しないと間に合いません。

急いでジグザグの道を駆け下りていくとどうしても収めたい風景がいくつもあり、その度に止まって中々前に進めません。

まるでラピュタのように、雲間に浮かび上がる森林の風景。どうしても撮りたい。

富士の景色といったらと言うくらい有名な影富士。いただきました。

雲が山状になってる珍しい光景。足を止めてしまう。

ええい。進ませてくれ。

下り坂は黒くて柔らかい砂地を下っていくコースが多いです。転びそうになるのでストック1本は持参必須です。

マッハで下山する様子を動画撮影しました。

歩を進めるたびに砂の中に足が埋もれます。素足がこの砂にさらされるとなぜか爪が白くなるみたいです。

途中、マッハで下山する様子を見ただるそうな大学生3人組は

「えっ、いや・・・」

未確認飛行物体でも見たような反応でした。

六合目辺りで残り約30分。間に合わないかな~と諦めかけたとき

『諦めたらそこで試合終了だよ』

なぜか安西先生の言葉が浮かび、最後まで力を振り絞ろうと熱い気持ちが込み上げる。

躓きながらも砂払い五合目まで降りて残り20分。当然、休憩所はスルーし、岩間と木々を通る道が現れます。

あまり下山者、登山者と遭遇しなかったことが良かった。ストックを持っていたこともあって、ある程度速度を付けてもバランスを崩しません。

「集中力が高まってきた。なんだか、間に合うかもしれない。」

妙な自信が涌き、さっき見た気がする道を行くと鳥居と階段が見える。もしかしてゴール?

あと5分。違ってたら間に合わない、とか思いつつも安西先生を信じて・・・最初の登山道が出て来た!

やべぇ、間に合った!安西先生ありがとう!

イスでくつろいでる番人は

「お疲れさま~」

とこっちの焦りに関係なくのんびりしている。

「もう、バス出ました?最終18時45分ですよね?」

「18時45分はある。あ、ギリ!間に合う!」

バス停まで駆けていくと

出店辺りでまた

「お疲れさま~」

と言っている人がいる。

「最終のバス18時45分ですよね!?」

「いや、最終じゃぁ・・・まぁ、出るし」

えぇぇ!最終じゃないの!?

だって、ホームページに書いてるじゃん・・・

「最終は20時15分だよ~。」

めっちゃ余裕あるやん・・・

もっと楽しんで降りてくれば良かった。

ヘッドライト付けながら下山とかやってみたかった・・・バスに乗ると18時45分ジャスト。

すげー神がかってるけど、これが最終であって欲しかった気も・・・

めっちゃ疲れた。腹減ったしトイレも行きたい。宮上のバス停で降り、道の駅すばしりのバス停まで行く途中で立ちションです。

バス停に着いた瞬間にバスが来るという神がかりよう

バス停富士山山中湖に着くと

寄宿先のオーナーが「海馬のほうとうはお勧めですよ。」

と言っていたのを思い出し、早く戻って休みたかったけど飯は食べたいので、5分ほど歩いて寄り道。

中はめっちゃ広々していて、座敷席とテーブル席がレジを境目に左右で別れています。

結構お高めの店だからなのか、平日の夜だからなのか、中は空いています。

座敷席いこうかな~。と視線を傾けていると

「テーブル席どうぞ~」

と案内されました。・・・

色々メニューがあり、どれも魅力的でしたが、ワカサギの天ぷらとほうとう、馬肉と、山梨名物が山盛りの甲斐路御膳を選択。

料金は2500円前後しましたが、こんな日はいいでしょ。^^;

荷物を整理したり、おしぼりでサンダルを拭いたりしていると・・・運ばれてきた料理は富士にも劣らない絶景です。

小鉢を少しづついただく和食の良さを体感出来た最初の日かもしれません。

この日、床に就くと興奮しているのか中々眠れません。ここ最近、眠れないなんてこと滅多にないのですが。

まぁ、明日の準備したりシャワー浴びたりしようかなとシャワールームの空きを伺いつつ部屋でシコシコ雑務しますが、22時前後の時間帯は混むようで中々空かない。

近くで空きを待っている方が楽かなと共用スペースのテーブルで寝転びながらワンピースを読んで待ちます。

コーヒーは朝に淹れるみたいで夜はありませんでしたが、マスカットとか自由に食べていいみたいなので摘まみながら待機です。

冷蔵庫やキッチン、喫煙スペースもあるから結構居心地良いですよ。

ゲストハウスだから外国人もたくさん来るので、写真とかたくさんありました。

この日、歩いた数は32129歩。オーストリアに行った時の1日20000歩を遥かに超えました。

日本一の富士山を制覇したから何となく日本一になった気分。目標は世界一。ひとまず日本を制覇です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク