ゲストハウス夢来人へ

八幡野ダイビングセンターでの体験ダイビングが終わると14時30分前で、15時までは自由時間でした。皆はどこかへ行ってしまい、集合して解散ということも言われなかったので、辺りの写真をパシャパシャ撮り、片付けが終了したら着替えて開始地点に戻りました。

指導者の先生はすでに戻り、ダイビングスーツとブーツを洗っていました。「返却して終わりなんだな」と推理し、これらを返した後、受付場所へ行きましたが、帰りの車は出ないという衝撃的な事実が発覚。申し込み時点で送迎必要と頼んだので、迎えは来てくれましたが、送りは出ないという放置プレイのようです。

「タクシーを呼びますー」と元気に言われても資金源はこっちなので「いや、ちょっと待て!」という感じでした。

仕方なく駅までの20分の道のりをあることにし、てくてく歩き出しましたが、「ガードレールを右」と確かに聞いたはずなのにその道は行き止まりでした。ただ、引き返した先に野良犬なのかなんなのか、リードを付けてない可愛らしいイヌがフラフラと歩いており、癒されました。

イヌにしてはあまり警戒せず、家の間の路地に消え去っていきました。

迎えの時の道を思い出し、何とか道程を修正したところ、おなかが減ってきた模様。次の食道でランチにしようかと歩いて行くと伊豆高原食堂という良い感じのお店がありました。

ただ、お休みでした。

仕方ないので、また、てくてく歩いて行くと今度は武いずみという食事処がありました。

ただ、駅ナカに移転してました。

まぁ、もうすぐ駅だし駅ナカで食べるかということで、やまもプラザ内2階のおかりばという海鮮屋さんで食べることにしました。

中は広々としていて、入って「すいませーん」と言ったら無視されましたが、雰囲気の良さと料理は1級品です。

色々メニューありましたが、具がたくさん乗っていてお手頃価格なおかりば丼を選択。確か1200円~1400円位でした。瓶のコーラも良い感じです。

近くのお店でクッキーシューを摘まんでプラットフォームへ行くことにしましたが、熱海行きの列車まで50分待ちだったので展望台の方へ行くと、珍しい電車がいくつかありました。

手前の電車はリゾート21で、多分名前からしてどこかリゾート地へ行く特急列車なのでしょう。後方のはROYAL EXPRESSと書いていました。まさか、天皇専用の列車なのでしょうか。

伊豆高原駅からの発車時刻は17時前だったと思います。伊豆急行で熱海まで行き、東海道本線と御殿場線で御殿場駅に着いたのは19時でした。コンビニで登山用の行動食を買い、バス停でバス時刻を確認していると、「can you speak English?」と話しかけてくる外国人が。英会話を習っていたので、思わず「yes」と返答しました。彼は台湾人で、バスでのお金の払い方と時間を教えて欲しかったようでした。

バスの停留所とバス時刻を教えてあげてタバコを吸いに行き、同じバスだったので戻ると、来たバスで合ってるか確認されました。乗り込むと、なんとなく横の座席が空いていたので座ると、ゲストハウスまでの道のりに色々話が出来て楽しかったです。

彼はニューヨークの大学に通ってるような感じだったけど、studentじゃなくて、違う単語を言っていたので大学院生かも。彼も富士登山に行って来たみたいで、登り4時間の下り4時間で、下った御殿場駅周辺から河口湖のホテルに向かうところだったようです。やはり若いとパワーがあります。

携帯の電池が切れていたみたいなので、私の電話でホテルに迎えをお願いしたり、家族に近況を伝えたりすることがありました。

私は途中の富士山山中湖で降り、疲れた体でやっとこさゲストハウス夢来人にチェックインしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク