ベートーベンを訪ねて ハイリゲンシュタットの遺書

ハイリゲンシュタットに付くと田舎っぽい感じが出ていましたww屋台も駅前に出ていて、ケバブが売っていました。

 DSC_0034DSC_0035
歩いているとアパートのようなものがありました。音楽の絵が書いてあり、珍しかったので、写真を撮りました。

 

 

駅前の通りにはアパートに芸術性のある落書きがあって、芸術家の街なんだなと思いました。

 

 

DSC_0036 DSC_0045

 この交差点の4差路を田舎の方に、左に曲がっていくとハイリゲンシュタット遺書の家の方に向かっていきます。
 
 
 
そして、右の写真のベートーベンハウスに着きます。こじんまりしていて、路地の奥の方にあるので、探すのに手間取りました。
 
 
 
 135713500126813571351319721357135103634
写真は若かりし頃のベートーベン。年老いたころと全然違いますね。真ん中の写真はベートーベンの弟でニヒルな感じの笑いをしています。デスマスクもありました。
 
 
 
ベートーベンが弟に宛てた遺書は確かこの3枚の写真だったと思います。
 DSC_0038 DSC_0039DSC_0040    
 
 

この二つも遺書の続きだったかな。。。最後のは楽譜だったと思います。
DSC_0043DSC_0042DSC_0041
 
 
 
ベートーベンハウスを出たところで写真を撮りました。この印象的な木が目印。
DSC_0047DSC_0044
 
 
 

帰りにお昼を食べようと思いましたが、1月2日なのにクリスマスデイのようで、目的のお店には入れませんでした。

近くの銅像を代わりに撮影。(ベートーヴェンの散歩道にて)

 DSC_0037
 
 
 

お昼を探していたのに、なぜかこの『PLACHUTTA』で食べた後は真っ暗に。あれ?なんでだ?

DSC_0048

探してる途中で寄った、近くのスーパーでの買い物で時間かかったかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク